前へ
次へ

科学技術の進歩によって進化する医療

2020年において日本の研究機関が開発したスーパーコンピューター富岳が世界一の解析力を持つことが広まったのですが、その解析力を使って行いたいと考えられているのがウイルス感染者の特定と医療への利用です。ウイルス感染者の厄介な点は、様々な経路で感染してもすぐには症状が出ないことです。汗腺をして症状として現れるのは体内で数が一定に達した段階であり、その一定量に満たないと生理現象で行う咳やくしゃみそして違和感がない程度の体温上昇だけなので兆候を見逃してしまいます。ただ感染していることに変わりないので、症状が出ないからと外出してしまうと感染発信源として周りに広げてしまうのです。感染しているかどうかの判別というのは免疫検査を行うしかなく、この検査というのはのどや鼻の粘膜を綿棒で採取して特殊な機器を通して感染の有無を確かめられます。ただ感染の確認は自己申告をしてもらうしかないので、感染を発見できても未然に防ぐということはできないです。感染爆発を防ぐためには未然に防ぐことが大事なので、そこで新しい検査方法としてスーパーコンピューター「富岳」などのIT技術が役に立つのです。スーパーコンピューター富岳のような情報機器に、これまでの感染して起こる症状の情報だけでなく赤外線センサーなどを搭載して歩いている個人をつぶさに確認し続けます。センサーを搭載することで、歩いている個人の体温だけでなくレントゲンほどではないにしても体内で起きている状態を観察することが出来るのです。体内の状況を観察することが出来れば、すぐにスマホなどを経由して連絡を取り検査を受けるように申告できます。そこで検査を受けてウイルスに感染していることが分かれば、未然にウイルスの感染爆発を防ぐことが出来るのです。それ以外にもウイルスの構造を解析することで特効薬の開発に役立ったり、体に重大な疾患が見つかった時に世界中の病院に勤務している名医を検索することによって効率の良い医療環境を作ることができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top